ビッグデータの利用により声で顔を想像するのは難しくないと思う

声のデータ集めたら顔想像するの簡単じゃね?

みなさん、今まで生きてきた中でそっくりさんに出会ったことはないですか?そのそっくりさんは同じ声をしていませんでしたか?

発声は、よく楽器に例えられ、身体の構造で声を出しているので顔の形とか体型とか喉とか、そういう組み合わせにより声音が変わるんだそうです。

つまり、声と顔のデータを収集すれば、その声のデータから人物を想像するのはそんなに難しいことではないと思います。

データの精度がどんなものなのかは見当がつかないが、例えばユーチューバーで顔出ししてない人でもビックデータ解析によって、声から顔を想像できるようになると考えてます。


0 件のコメント :

コメントを投稿