仮想通貨の無責任かつ利己的な買い煽りについて

全ては自己責任の世界

現在暗号通貨が暴落していますが、買い煽りをしていたウェブサイトが暴落後、記事を丸ごと関連情報に書き換えているのを見て呆れてしまった。

なぜこのことを知ったのかというとGoogleキャッシュに買い煽りタイトルと内容で保存されていたから。

あまりに露骨で面白かったです。

これだけ注目されると色んな人が取引しようと考えますが、くれぐれも取引判断を他人(とくに無責任なネットの世界)に任せっぱなしにしないよう。

判断基準の情報を提供していた人・サイトがいきなり手のひらを反すことだってあるのですから。

私なりの考え

参考にしなくて構わないが私なりの考えを書いておきます。

今後仮想通貨がどうなるのか見当もつきませんが、買うのであれば掛け捨て保険ないし宝くじ感覚にとどめた方がいいです。

買うタイミングは暴落が一段落してからないし踊り相場の時がいい。

で決済は一年後とかを見据える。

今後必要としない、失っても許容できる範囲内に留めた取引。

この戦略であれば、何事もなければ利益ゼロ、無価値になれば出した金額だけ損失、仮に暴騰すれば儲かるという話になります。

さらに一年後に決済すると決めているので毎日チャートを見なくてよいわけです。

仮想通貨はリスクリターンを推し量ることが難しいので、取引しないことによる機会損失を気にする人かよっぽどの暇人か、話題に乗りたい人以外手を出すべきではないと思います。

私のポジション


昨年12月に購入したビットコインキャッシュは損失を出していますが、そもそもなくなってもよい範囲内での取引ですし、狼狽売りをする気はありません。

ただ惜しむらくは、暴騰時に決済すべきだったかなと思うこと。

再度ここまで上がるのにどれだけかかるのか、はたまた上がらないのか見当もつきません。

0 件のコメント :

コメントを投稿