MacでVideoPadを使った時の罠

基本的に使いやすいソフトウェアだが一点だけ欠点が・・・

Windowsで動画編集するときにVideoPadを利用していたということもあり、Macでも同じソフトを使ってみました。

このソフトウェアは直感で操作できるのでチュートリアルを読まずに動画作成できました。

基本的には使いやすくお勧めできるのですが一点だけやや深刻なデメリットがあったため共有します。

それは、無料版の期間がすぎると動画のエクスポートができなくなる事です。

せっかく作ったのに動画が出力できないのでは時間の無駄となり絶望してしまいます。

一応解決策はあり、プロジェクトファイルを安全な場所(デスクトップとか)に保存後VideoPadをアンインストール、再度インストールする事で最悪の事態は免れましたが罠すぎる。。。

私の場合、アンインストールソフト(AppCleaner)を利用して関連するファイルも一緒に削除したので、もしVideoPadをゴミ箱に捨てただけでは何も変わらない場合はこの手のソフトを試してみてほしい。

せめて出力フォーマットに制限をかける程度なら許容範囲内だが全くもって出力できないのは流石にどうかと思った。

0 件のコメント :

コメントを投稿