英語学習への強迫観念について


英語を勉強している人は沢山いるけど目標がないままに取り組んでいる人が一定数居るように思います。
これだとなかなか英語力も伸びないし、正直ほかのことに時間を使えばいいのにとさえ思えます。
英語を学習するメリットについて聞こうとするのも解せません。
必要だから学ぶ、必要でなければ学ばない。
これに尽きると思います。
わざわざ人に聞かなければならない話ではないでしょう。
グローバル化の影響で英語を学んでおいたほうがいいのかもしれないと考える人もいると思うが、少なくともここ数年で全員英語を話せなければ食っていけなくなるなんてことは起こらないと思いますし、仮にそういう状況になったら、必然的に食べていくために英語を学ぶという理由が生じるのでそのタイミングで学び始めたほうが目的意識がはっきりしているので学習効率も高いです。
さらに言えば、英語は言語なので、これが習得できたからと言って何か特別なスキルが身に着くということはないです。人の話を聞いたり、他人に自分の考えを表明するツールなので、英語「だけ」ができてもしょうがないです。
ただ、英語ができるようになると特定分野では、スキルを身につけやすくなるので、必ずしもスキル→英語の順で身につけるべきだとは思いません。
英語ができるようになったで満足せず、そこから先のステップこそが重要だと思います。

0 件のコメント :

コメントを投稿